縮毛矯正が伸びたときの根元のうねりが気にならないゆるふわヘアアレンジ。

昔から癖毛なので、ずっと縮毛矯正をしています。

何もしていないときよりボリュームが抑えられて扱いやすいけど、伸びてくると根元のうねりが気になるし、まっすぐになりません。

それにずっとストレートのままなのもあり、ちょっと飽きてきたような気もするし。。

かといって元々剛毛な上に縮毛矯正をかけているので、アレンジするにもピンピンと跳ねてしまいうまくいきません。

どうしたって今流行りのゆるふわな感じには出来そうにもない。。

こんな場合でも何か良い方法はないかな…?

そうですよね。

このように縮毛矯正はとても便利なのですが、それに付随した新たな悩みが出てきてしまうということもあるかと思います。

【根元のうねりを気にするよりも、いっそのこと生かしませんか?】

根元が伸びてくると生え際がうねるというのはどうしても避けられません。

境目がポコッとした感じになるのが気になる…というのもよく分かります。

けれども少し伸びたからといってあまり短いスパンで再度縮毛矯正を…というのは髪の毛の傷みも気になりますし、なかなか難しいですよね。

そんなときには無理に何とかしようとするよりも、いっそのこと現状を生かした方向でおしゃれを楽しむというのはいかがでしょうか?

短時間で出来るヘアアレンジであればそれが可能です。

それにストレートにも飽きてきた…というのであれば、簡単に色々なスタイルに変えられるヘアアレンジで工夫することが、なおさら有効ではないでしょうか。

【縮毛矯正で剛毛の場合でも、可愛くアレンジ出来ます。】

髪の毛がしっかりしていて縮毛矯正をかけていると、ヘアアレンジするにもピンピン髪の毛が出てきてしまい、なかなかまとまらないということがあります。

けれども工夫次第でそのような場合でも流行りのゆるふわな可愛いアレンジをすることが出来ます。

 

こちらのお客様は縮毛矯正をかけていらっしゃいますが、同じように根元が伸びてきてまっすぐにならないのがお悩みとのこと。

伸びてきた部分はあえて無理に伸ばしたりせずに馴染ませる…という方向でヘアアレンジしてみました。

下準備の段階で、ストレートアイロンで軽く波ウェーブを付けてからねじりを入れてふんわり仕上げました。

この場合、伸びたうねりの部分を全てストレートにして完全にうねりを修正したヘアアレンジにすると逆に不自然な感じになります。

あえてうねりをそのままにして、他の部分も波ウェーブにすることで、同じようなうねりの質感を作ります。

そうすることでバランスが取れて馴染みやすくなります。

元々髪の毛がしっかりしているということは、ハリもありますしアレンジ次第で見映えのするスタイルになります。

もし縮毛矯正での根元の伸びによる癖で悩んでいる場合は、そこだけを気にしすぎず、現状を生かす。周りの部分を馴染ませていく…というような視点に変えてみると良いかと思います。

是非参考にしてみて下さい(^^)

 

コメント