直毛すぎて垢抜けない?ゆるふわにこだわるよりもストレートを生かしたアレンジしませんか?

私は髪が直毛すぎて、コテで巻いてスプレーしても意味がないくらいすぐに巻きが取れてしまいます。

パーマをかけてもすぐに落ちるので、デジパをすすめられましたが、髪が傷むのでやめました。

ポニーテールにしてもサラサラと落ちてくるくらい直毛なので、天パの人からは羨ましいと言われますが、もっとゆるふわにしたりしたいのに。。

このように周りからは羨ましがられる直毛ですが、ご本人からすると悩みの種だったりしますよね。

周りの友達みたいに色々なアレンジをしたり巻いたり本当はもっと垢抜けたいのに、ストレートのままおろすしかないというあなたへ。

どうしても巻きたい!ゆるふわにしたい!という強いこだわりがあるわけではなく、どんな形であってもとにかく可愛く垢抜けた感じになりたい…

今とは違う感じでおしゃれがしたい…

という場合でしたら、無理に巻きにこだわるよりもあなたの良さを生かしたアレンジにしてみませんか?

ストレートヘアが垢抜けるヘアアレンジもあります。

どうしても巻きたい。この髪型にしたい!

というわけではないけれど、なぜか直毛でストレートが綺麗な人は髪を巻こうとすることが多いです。

私のお客様でもいらっしゃいますが、やりたい髪型やこだわり、その他の希望はないけれど、巻きかストレートのどちらにしますか?と聞くと『じゃあ、巻きで…』

という場合が多かったりします。

その理由を考えたときに、やはりいつもとは違った感じにしたい。

特に何かがやりたいわけではないけど、いつもはストレートだから巻けばいつもとは違った感じになるのでは…という気持ちがあるからではないでしょうか。

でも大丈夫ですよ。直毛だからこそ出来ることもあります。

例えばこのようなヘアアレンジはいかがですか?

高めの位置でまとめて広げた、クラシカルで自然なアップスタイルです。

こちらのお客様も直毛です。

元々ストレートが強い髪質なので、このような髪型であればサラッとストレートアイロンで軽く表面を整えるだけで綺麗に仕上がります。

こちら所要時間10分です。

『自然で可愛い!これ、またして貰おう。覚えといて下さい🎵』

と、とても気に入って下さいました。

直毛を生かしたアレンジをする場合のコツ。

今回のようなストレートのアレンジの場合、元々直毛だからこそ10分という短時間で仕上がりました。

もちろん長さなど色々な要素もあるので一概には言えませんが、これがもし癖毛だったならこうはいきません。

一度根本から全体にストレートアイロンを当てて、しっかり下準備を整えなければこうは仕上がりませんし、直毛だからこそ出来ることだと思います。

直毛であれば最低限の手間で完成度の高いストレートアレンジになりますが、1つだけ注意点があります。

表面を整える為に軽くストレートアイロンをする際に、強く当てすぎないということです。

元々真っ直ぐなのでストレートを強く当てすぎると、ピンピン跳ねて更に扱いにくくなります。

どちらかというと丸くなるイメージで軽く当てるようにするとうまく収まるかと思います。

一度熱を通して必要な場所にスタイリング剤を使えば、サラサラ崩れてしまうということもありません。

このようにストレートであっても、垢抜けることもいつもと違った感じにすることも出来ます。

ストレートだからこそ出せる雰囲気もあるので、いつもおろしたままというのはもったいないと思います。

ゆるふわじゃなくても垢抜けるアレンジに、是非あなたも挑戦してみて下さいね(^^)

 

 

 

コメント